USB持ち出しプログラム利用時の注意

文書番号: 542 - 分類: ファイル暗号化CR
登録日: 2010/2/25 木曜日 10:00:45

■対象バージョン

v2.7以降

■内容

USB持ち出しプログラムを起動した後、同時に起動しているアプリケーションの内部通信が通信制御機能の対象となり、アプリケーションが動作しない場合がございます。

■対策

該当するアプリケーションをご利用される場合は、USB持ち出しプログラムを終了してからご利用ください。
Copyright CHIeru Co., Ltd. All rights reserved.
記載されている会社名および商品名は、各社の商標もしくは登録商標です。